セミリタイアミニマルライフ

少ないお金で幸せに生きるスキルは資産【人生イージーモードにしよう】

がま口財布とお金のイラスト

「少ないお金で幸せに暮らす」ことができれば人生イージーモードになるなぁと最近つくづく思います。

例えば、次の2人のうち「幸せに生きるハードル」が低いのはどちらでしょうか。

  • 幸せに生きるために毎月50万円の出費が必要な人(都心のマンションに住み、外食や旅行にブランド物など散財しまくり)
  • 毎月10万円で幸せな生活が送れる人(田舎に住み読書や散歩が趣味、散財はめったにしない)

幸せになるハードルが低いのは圧倒的に後者ですよね。

「少ないお金で満足度の高い生活を送る」ことができれば、毎月稼がないといけないお金も少なくて済みます。

セミリタイアに必要なお金も少なくて済みますし、若くして自由な生活を手に入れることも可能になります。

それに、毎月稼がないといけないお金が10万円で済むなら、何があっても人生どうにかなるという安心感があります。
10万円なら、バイトでも余裕で稼げる金額ですしね。

このように生活費が低ければ「少ししか働かない」という選択を取ることもできるようになります。

私は2ヶ月以上収入がない生活を続けていますが、私が今こうしてお金の不安を感じずに生活できているのも、「少ないお金で幸せに生きるスキル」があるからです。

これは意識すれば誰でも身につけることができるスキルです。
さらに、一度身につければ一生の資産になります。

今回は、そんな「少ないお金で幸せに生きるスキル」を手に入れるために必要なことについてお話しします。

あかね
あかね

セミリタイア生活も夢じゃない!

HSP気質の人、働くことが苦痛な人にぴったりのスキル

お金をたくさん払い、たくさんのサービスを享受する生活を維持するためには、当然ですがたくさん稼ぐ必要があります。

一方、少ないお金で幸せを感じることができれば、少ない労働でストレスも少なく生きることができます。

どちらの人生の方がより幸せでしょうか。

価値観は人それぞれですが、私は断然後者です。

私に限らず、刺激に弱いHSP気質の人は特にそうだと思います。

「たくさんお金を稼いで、たくさんお金を使うのが好きで、そういう生活が最高に幸せ!」

そういう人もいるでしょう。
価値観は人それぞれです。

たくさん働くことが苦痛でなければ、その生活で全く問題ないと思います。

ただ、「会社員としての生活が辛い」「生きづらさから解放されて自由な生活を送りたい」というような人は、「少ないお金で幸せに生きるスキル」を身につけることでより生きやすくなるでしょう。

「少ないお金で幸せに生きるスキル」を得るために必要なこと

【その1】若いうちに散財を経験する

私は20代のとき、散財しまくりの生活を送っていました。

推し活(ライブや舞台観劇、グッズ購入など)、ブランド物や服への散財、美容への課金など…

20代で凄まじく散財しまくった結果、30代に入るころには物欲がほとんどなくなってしまいました。

散財生活を振り返ると、「お金がもったいないなかったな…」「もっと貯金すればよかった…」と思うこともあります。

しかし、もし20代のうちに散財していなかったら、今でも物欲が消えずにダラダラと散財し続けていたと思います。
若いうちに散財し切って、物欲を消化することは私にとって必要なプロセスでした。

もちろん若いうちから節制できればそれが一番いいですが、なかなかそうはいきません。
若いうちにしかできない経験などもありますし、20代のうちは下手に節約しなくてよかったと思っています。

あかね
あかね

推し活の思い出は一生ものです!

【その2】ミニマリストになる(断捨離する)

断捨離は自分の持ち物一つひとつと向き合う行為です。

断捨離を通して、「その物は自分にとって本当に必要か」「所有のコストに対して満足度が見合っているか」をよく考えるようになります。

結果、買い物をする際に慎重になり、本当に必要なものや満足度の高い物しか買わないようになります。

なのでミニマリストになると、満足度は高いままに支出をミニマルに抑えることができるんです。

人間の欲望には際限がありません。

例えば、家がお金持ちでお小遣いをたくさん与えられて育った人って、一見羨ましいですよね。
でもそういう人はお金をたくさん使うことに慣れてしまい、いくらお金を使っても心が満たされなくなる。
幸せを感じにくい大人に育ってしまうんです。

コンビニで働いていたとき、子どもがフツーに万札でドカ買いしていったことがありました。この子の将来、幸せを感じるためにどれだけの金とモノが必要なんだろう、と老婆心ながら心配してしまった。しんどそうです。

出典元:太田出版「年収90万円で東京ハッピーライフ」大原扁理  著

人間の欲望には終わりがないので、これではいつまで経っても幸せにはなれません。
なので幸せを感じるために、「現状に満足する」=「足るを知る」ことが大切なんです。

断捨離のプロセスを経ることで、自分が持っているものに感謝できるようになり、「足るを知る」ことができるようになります。

【関連記事】幸せになるためにすべきたった一つのこと

【その3】満足度の高い支出は削らない

「少ないお金で幸せに生きる」というのは、支出をとにかく削ればいいということではありません

最も大事なのは、その生活で「幸せを感じる」ことです。
使うお金が多かろうが少なかろうが、幸せを感じられなかったら意味がありません。

例えば…

  • 都会に住むのが好きだけど、節約のために無理して田舎に住む
  • 旅行が趣味だけど、節約のために一切旅行に行かない

これでは幸福度が下がってしまい本末転倒です。

こういった幸福を感じるのに必要な支出は削るべきではありません。

大事なのは自分にとって本当に大事な支出を見極め、それ以外の支出を削ることです。

【その4】投資を始める

私は2年半前につみたてNISAなどの投資を始めました。
投資を始めてから「物欲のなさ」が明らかに加速しました。

というか、株よりも満足度の高い買い物ってほとんどないんですよね。
なので株以外のものを買いたいと思う機会がほぼなくなってしまいました。

株を買うことで、自分の資産やもらえる配当金が少しずつ増えていくのがたまらなく嬉しいんです。
資産が増えると、少しずつ生活がよくなっている感覚がします。

あかね
あかね

私は今無収入ですが、株を買うお金が欲しいために「そろそろちゃんと収入を得なきゃな…」と思っています。笑

投資をしたことがないという人は、まずはこちらの動画↓を観ることをおすすめします。

投資を始めるのには注意点もあります。
間違った投資手法でお金を減らしては元も子もないですからね…

  • 余剰資金の範囲内で投資する(生活防衛資金はしっかり確保しておく)
  • 優良な銘柄にだけ投資する(リベ大の動画をひととおり観ておくのがおすすめ)
  • 一時的に株価が下落することはあると理解しておく(長期保有を前提とする)

投資はあくまで自己責任ですので、書籍やYouTubeなどで正しい知識を身につけてから始めましょう!
くれぐれもぼったくり銘柄などには投資しないように!

最近の私の生活

最近の私の生活は…

  • イラストを描く
  • ブログを書く
  • 人のブログを読む
  • 読書する
  • 猫と遊ぶ
  • 月に1回くらい友達とランチする
  • 月に1回くらい好きなレストランのご飯をテイクアウトして家族と食べる

こんな感じでお金はそんなに使っていないですが、毎日幸せです。

こういう地味な生活に幸せの本質があるような気がします。
幸せに暮らすのにそんなに多くのお金は必要ないんです。

以前の私なら、幸せな人生って…

  • ブランド物をたくさん持っている
  • 流行の服をたくさん持っている
  • 部屋には高級な家具や家電がたくさんある
  • たくさんの物が置ける広い部屋に住んでいる

こんなふうに、ものをたくさん持つことが幸せだと思っていました。
そのためにたくさんお金を稼がないといけない、だから仕事が辛くても辞められない…という悪循環に陥っていました。

今は、

  • 幸せとは「自分にとって本当に大切なものを少しだけ持つこと」
  • その生活を維持するために稼ぐお金も最小限でいい

こう考えられるようになりました。

なので嫌な仕事も辞めることができたし、幸せに生きるハードルがものすごく低いです。

お金をたくさん稼ぐことより、自由な時間がたくさんあることのほうが幸せだと思います。

終わりに

私は今、かつての自分が思い描いていた「幸せな生活」とは全く違う生活をしています。

  • ブランド物は一つも持っていない
  • 服は1年近く買っていない
  • インテリアはほぼニトリと無印
  • 部屋は実家の6畳の子供部屋

こんなふうに物も支出も少ない生活を送っていますが、得られる幸せはかなり大きいです。

使ったお金が必ずしも幸福度に比例するとは限りません

むしろ支出を少なくすれば労働から解放されて、自由な生活が手に入りやすくなります。

あかね
あかね

支出を最適化して、少ないお金で幸せに生きていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました